初めてキャッシングを利用する方まずはご覧下さい

資産運用コンテンツ

 

 

 

キャッシングとは

ローンと違う点は、買った物に対して一時的にその料金を立替払いして、のちに月賦としてそのお金を回収するのではありません。現金を直接貸し付けるという点です。またキャッシングと類似したものの1つにフリーローンというものがあり、これは、名前の由来通りフリーなローンを意味します。しかし、使いすぎには注意を。借りすぎは返済が困難になるケースが多く、生活を圧迫する結果になるかもしれません。過払い金取り戻すにしても、計画的な利用が必要となります。

それは、融資された現金の使い道を特定されない自由な資金という事です。それ以外にも、カードローンというものがあります。これはATMやキャッシュディスペンサーからカードを利用して現金を借りたり返済したりできるローンの事をいいます。
上記からも分かるように、キャッシングとフリーローン、カードローンは語形は異なりますが、意味が同じであるとして認識されているようです。

キャッシングの種類

銀行系のキャッシング

銀行系の特徴は、実質年率が約〜18%と、他の金融機関に比べて比較的低金利であるところ、融資限度額の設定が高いところでしょう。

しかし、消費者金融などに比べ、厳しい審査と、審査に時間がかかるところは難点のようです。融資枠拡大にもシビアでお手軽にとはいきません。多くの融資を長期でご希望の方のにはお勧めです。金利は月割り計算になり、決まった返済日に口座から引き落とされます。

審査:厳しめ  年率:低め  限度額:高め  金利計:月割り  利便性:普通

多重債務者には向いてないと言われていましたが、最近では銀行系の消費者金融も審査がとても柔軟になってきた傾向があります。当たって砕けろではありませんが、相談する前に諦めるよりは、一度門を叩いてみるのもいいでしょう。


信販系のキャッシング

信販は「信用販売」の略語で金銭の融通、特に、資金の借り手と貸し手のあいだで行われる貨幣の信用取引のことをいいます。

信販系キャッシングは、「実質年率」「限度額」「利便性」など、消費者金融と銀行系のちょうど中間と言ってよいでしょう。
消費者金融に比べ、実質年率の平均は多少低く、限度額も高めに設定されています。提携キャッシュディスペンサー、ATM機の台数も多く、手軽な借り入れが出来ます。クレジットカード契約でそのままキャッシングが出来、クレジットカード機能のショッピングやポイントサービスなどサービスが豊富です。

でも、消費者金融に比べると、審査は難しく、時間がかかるようです。金利は月割り計算になり、ほとんどの場合、指定口座から引き落としになります。

審査:厳しめ  年率:普通  限度額:高め  金利計:月割り  利便性:良い


消費者金融系のキャッシング

消費者金融とは銀行や貸金業者等の金融機関が直接または、提携先企業を通じて、個人に対して、サービスや資金を貸し付けたり、信用供与を行うことをいいます。

金融機関には、銀行、信販会社なども含まれますが、一般的に消費者金融と呼ばれている機関は無担保で素早く融資を行い、審査や融資枠拡大にも比較的甘く、法律も、銀行などとは違うもので運営されています。

メリットは、利用限度額内であれば、借りたお金を完済する前でも、繰り返し借りることができるリボルビング方式の採用や、土日祝日の利用や、店舗に行かなくても、短時間での融資が可能な点でしょう。

返済日を自由に設定することが出来、利息の計算は日割で行われるので、一日でも早く返済すればそれだけ金利は少なくて済むのも大きな魅力だと言えます。一定期間無利息のサービスや、提携キャッシュディスペンサー、ATM機の台数も多く、手軽な借り入れ、返済が出来ます。

それとは逆にデメリットは、手軽で便利な分はいいのですが、実質年率が他の金融機関に比べ、〜29.2%(実質年率の上限)と、高く設定されています。融資枠拡大にも比較的甘いとはいえ、融資限度額は低めの設定になります。

審査:甘め  年率:高め  限度額:低め  金利計:日割り  利便性:非常に良い

消費者金融系の会社は、さまざまなサービスを打ち出しているので、自分にあった商品を選べば、賢いキャッシングをすることができるでしょう。

2017/2/16 更新